« バンダイのロボット | トップページ | EeePC 寝モバ近況 »

2008年12月 6日 (土)

いにしえのパソコン2 Power Book 5300cs

好評だったかどうかはわかりませんが、いにしえのパソコンX1発掘&起動の第2弾、今度はMacintosh PowerBook 5300csです。

Dsc01079 大きさがわかりやすいように、EeePC 1000H-Xと並べてみました。全体的にでかいです。が、光学ドライブは内蔵していません。

これでも1995年8月発売、私はその年の12月に買いました。Windows 95を同時期に買ったのを覚えています。

一見見たところなんら違和感のないデザイン。ですが、この当時はトラックパッドそのものが珍しかったんです。

トラックパッドを最初にノートPCに採用したのはAppleで、このPowerBook 5300の前に出たPowerBook 520からになります。PowerBook以外のノートPCもこの後トラックパッドを採用、ノートPCといえばトラックパッドが当たり前になってきます。

Dsc01071

このPowerBookを買ってユーザー登録したら、抽選で当たってしまったのがこの黒いAppleバッグです。かなり長いこと通学・通勤バッグとして使っていました。

Dsc01077

ACアダプタはちょっと変わっていて、巻き取りやすいよう凹みがあり、かつコネクタのところにコードを引っ掛けるつめがついていて、写真のようにコンパクトに収納できます。こういうどうでもいいところに力を入れるのがMacらしいところです。

Dsc01074

どうでもいいところといえば、Macのフロッピードライブといえば、Ejectボタンがありません。どうやって出すのかといえば、フロッピーのアイコンをゴミ箱に入れると出てきます。

こんな仕様のおかげで、その後Windowsユーザーとなった旧Macユーザーは、フロッピーをゴミ箱に入れても出てこないので不思議がっている人が続出したとかしないとか。

Dsc01080

また、本体にある6色りんごのマークがシールではなく、ちゃんと立体のアイコンでついているのはすごいです。見ると、こんなマークは結構つけるのは手間じゃないですか?と思うんですが、液晶の外と内にひとつづつついています。

Dsc01083

概観は今のノートと遜色のない(?)PowerBook 5300csですが、やはり時代を感じさせるのがこの液晶。TFTではなく、DSTNです。256色です。マウスポインタをよく見失います。

デスクトップも640×480。今のNetbookよりも低い解像度ですが、当時はこれでも十分使えました。

今でこそこのデスクトップは古臭く見えますが、当時はまだ日本でようやくWindows 95が出るかでないかのころ。まだメインはWindows 3.1だった時代です。Windows3.1の時のデスクトップってどんなんだったっけ?と私も記憶が薄いですが、タスクバーはなく、ランチャーの並んだ窓を開いてプログラムを立ち上げる、なんていうことをしていた気がします。それに比べるとずっといまどきの画面です。

CPUはPowerPC 603e。IBM PowerをPC用にしたモトローラ製CPUです。まだIntel Macではなかったんです。

メモリは16MB、その後増設して32MBにしています。HDDは500MB。もともとMac OS 7.5がインストールされていて、その後8.1にバージョンアップしています。お値段は20数万円。私の買った最も高いPCです。

Macの名機を一堂に集めた書籍が出ています。残念ながらこのPowerBook5300は載っていませんでした。しかし、なかなかWindows機だとこういう本はかけませんね。こういうのを読むと、昔のMacのがわを探してきて自作PCを組みたくなります。

名機といえば、もう一台Macを持っています。こちらはまた後日にでも紹介します。

« バンダイのロボット | トップページ | EeePC 寝モバ近況 »

パソコン系」カテゴリの記事

コメント

Power Book 5300cs懐かしいです。最初のPower Bookが出たとき、Macintoshの名前がつかないことと、トラックボールが手前に、キーボードが奥側というレイアウトには驚かされたものです。一気にダイナブックが過去のものになるくらいの衝撃でした。東芝同様、中身は日本メーカー製のパーツが多かったのに、まとめ上げた当時のAppleのエンジニア達は現在のスタンダードとなる技術として製品化していったのですから、全く尊敬に値します。
でもiBookのころに付属していた、ヨーヨー型のAC電源アダプターはやりすぎだったかな。

こんにちは、passoさん。
PowerBookのデザインがあまり古さを感じさせないのは、おっしゃるとおりその後のノートPCのデザインの元になっているからでしょうね。パームレスト、トラックパッドなどなど。
この5300csは、結局Nifty用などで5年以上使い続けました。意外と長く使っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/43339049

この記事へのトラックバック一覧です: いにしえのパソコン2 Power Book 5300cs:

« バンダイのロボット | トップページ | EeePC 寝モバ近況 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ