« EeePC 1000H-Xに32GB SSD搭載 | トップページ | ”おすすめの機種”は本当におすすめ? »

2008年11月19日 (水)

EPSON DIRECTもNetbook市場参入

EPSON DIRECTもとうとうNetbook市場参入です。

Endeavor Na01 miniという名前で、性能はまあいつものお約束、Atom N270 1.6GHz、メモリ1GB、160GB HDD。Webカメラがはしょられているのが珍しいですね。

しかしお値段はいきなり46,800円。安いです。

情報記事はあちこちで出ていますが、その中でこの記事を紹介。

PC Watch:大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」 エプソンダイレクトにネットブック市場参入の狙いを聞く

EPSONの担当者へのインタビューです。参入するのが遅すぎたなど、割と本音で書かれています。

しかしそれゆえに10インチにこだわったり、5万円を切ることを最初から目標に上げているなど、ずいぶん意気込みを感じます。

どっかの高飛車メーカーとは違い、非常に現実的です。

中国メーカーで作っているところはまあほかのメーカーと事情は一緒、ただし品質検査は長野の工場で一括して行っているなど、品質をアピール。

これはEeePCのASUSをはじめ、各Netbookメーカーにとってすごいライバルになりそうですね。特に東○あたりはやばいんじゃないですか?

直販サイトはhttp://shop.epson.jp/pc/です。

« EeePC 1000H-Xに32GB SSD搭載 | トップページ | ”おすすめの機種”は本当におすすめ? »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

46,800円!凛凛しいですね!
東芝のインタビューでは「どんだけぇ〜」って感じましたがエプソンのは好感が持てました。
ウェブカムも日本向け割り切りはうなづけます。
信念やビジョンを感じられて心地良く記事を読むことが出来ました(^^)
EeePC901はあと1万高くても買いました。
でもあんな高飛車なメーカーのはあと2万安くても買いたくないです。
天板の塗装に指紋ついてるらしいし。

私もコレは良い製品だと思います!

日本メーカーらしく、
国内ユーザーに需要が少ないカメラを無くして
コストダウンを図ったり、
モニターも10インチで見易いなど、
低価格ながらも様々な気遣いがされ
私の中での理想なNetbookとなりそうです!

新しいThinkPadの次はコレ買うかもしれません(^^;

HDDVDの騒動以降厳しい見方をされるあのメーカーですが、変なヒエラルキーにとらわれているとPC部門ごと凋落してしまうのではないでしょうか。その点、98互換機のころからアグレッシヴな価格設定をしてくるEPSONさんは、ユーザーの味方です(EPSONチェックには悩まされましたが)。BTOオプションで、SSDやBluetooth,Linuxモデルが選べるようになるとなおうれしいです。この文章もEeeUbuntuの8.10上で書いてますが、軽快で前バージョンより、ネットブック向きのようですので、ぜひ実現してほしいです。

こんにちは、アンビンバンコさん。
AtomプロセッサNetbookの実売価格が5万円を切るくらいになってますが、いきなりその実売価格並で出してくるのはすごいですね。
伊達にPC-Club(当時かなり安いEPSONの98互換機)を出してねえぞ!って意気込みを感じますね。
国内メーカーNetbookは、NECとEPSONの一騎打ちになりそうですね。東○は相手にされるのか?ってかんじですが・・・

こんにちは、のりゅーさん。
EPSONはさすがユーザーの求めているのが何かを分かっていらっしゃる、というところですね。
Webカメラはどこもお約束のように付けていますが、確かに日本では使わないですし。
ちなみに、これだとうちの会社でも導入してくれるかもしれません(カメラ付はだめな会社なので)。今のWindows2000用PCの更新にはうってつけですね。

こんにちは、passoさん。
BTOで組み合わせが出来るようになると、いいですね。Netbookってどれも似たり寄ったりですから、それだけで差別化が出来ます。
ためしにLinuxモデル、ということもやり易いでしょうし。DELLは実際日本でもUbuntuモデルを売ってますから。
eeeUbuntuも8.10がライブCDの部屋にありましたね。そろそろ試そうかと思いつつなかなか時間が取れません。
ちなみに、今会社のノートPCでコメントを書いています。6年前のWindows2000 PCですが、画面に筋が入り始めています。
のりゅ-さんへのコメントでも書きましたが、そろそろ2000マシンをこのEPSON機に更新してくれないかなあ、と思わずにはいられません。Netbookなら安いですし。
ちなみに会社は富士通ばかりです。富士通シーメンスのでもいいんですけどね。

39,980円でドスパラにて販売されていたNEOBOOKことQBOOKを入手しました(スペックはAspireOneそっくりで、英語キーボードです)。といっても借り物ですが、1000H-Xよりはぎとった、HDDとメモリーの増設、OSのインストールがミッションです。で、HDDはさっさと封印を破って換装できたのですが、どうやらメモリーは筐体を完全にばらさないと増設不可のようで(HDDベイからスロットが見えるのですが、空いているのかは確認できず)、EeePC同様キーボードを外す必要がありそうなのですが、確信がもてないので断念しました(私物ではないので)。Fedora10とUbuntu8.10のデュアル環境をご所望なので、少々時間がかかりそうですが1週間位は遊べそうです。

こんにちは、passoさん。
QBOOKですか、良いですね。私も誰かに買わせていじってみたいですね(笑)
ドスパラの39,980円ということは、限定で出してたやつでしょうか。しかし安くなりました。だいぶAtomプロセッサも供給が安定化してきた証でしょうね。
また遊んでみた結果などをお聞かせください。興味しんしんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/43164271

この記事へのトラックバック一覧です: EPSON DIRECTもNetbook市場参入:

« EeePC 1000H-Xに32GB SSD搭載 | トップページ | ”おすすめの機種”は本当におすすめ? »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ