« EeePC 1002HA | トップページ | EeePCの静音性 »

2008年10月29日 (水)

EeePCの売りは・・・

大手国内メーカーである東芝やNECも参入したNetbook市場、どれもAtomプロセッサ搭載、メモリ1GB、無線LAN搭載で9~10インチディスプレイで1024×600表示。

私の周りでも、やはり容量に余裕のあるHDD搭載のAspire oneを買う人が多かったですが、EeePCでも1000H-Xがでたため選択肢が増えました。

似たもの同士のNetbookのなかでEeePCの売りはなにか、といわれると、やはり第一にはバッテリ駆動時間だと思います。x-gadgetでこんな宣伝ビデオが紹介されていましたが(http://project-r.org/cgi-bin/diarypro/archives/599.html)、広告に偽りなしです。

つくづくEeePC 1000H-Xを使っていて、そう思います。4G-Xでは2時間がやっとでした。

意外とバッテリ持続時間を売りにしているNetbookはありません。東芝もhttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1029/netbook07.htmの中で、2~3時間程度を目安に作ったといっています。

Aspire oneと比べて、定価で5,000円、実売ではもうちょっと差がある1000H-Xですが、バッテリが大きい(6600mAh)ということだけでも十分元が取れると思います。バッテリって意外と高いですからね。このほかAspire oneってリカバリディスクが付属していなかったりします。

EeePC 1000H-Xにも欠点がないとはいいません。なにしろ重いです(1.45kg)。901くらいだとちょうどいいんですが、こちらはSSD 12GBと容量が少ない(ですが、ゆえにバッテリ時間はさらに長いですが)。

うちの1000H-Xは4時間近くバッテリ駆動しましたので、これだと東京~名古屋間を往復使えるくらいになります。モバイルとして使うにはこれくらいのバッテリ持続時間はないと厳しいですね。

もちろん、バッテリのもちを重視するなら、国内メーカー製のモバイル機にいいのがたくさんあります。しかし値段が高い。20万は最低かかります。ちょっと個人が手軽に持ち歩くには高いですね。

というわけで、私はEeePCをお勧めします。HDDモデルも、SSDモデルも、バッテリは少ないけど実売3万円以下のモデルもあり、ラインナップは充実しています。

ASUSTek/アスーステック Eee PC 1000H-X パールホワイト

« EeePC 1002HA | トップページ | EeePCの静音性 »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/42945650

この記事へのトラックバック一覧です: EeePCの売りは・・・:

» eeepcのいい打設感 [Eee pc格安価格モバイルノートパソコンの情報]
■eeepcのいい打設感 先日新幹線で出張があったのですが eeepcのいいところをひとつ気づきました それは打設の音が静かなこと。 朝の新幹線であまりうるさくしたくないもの 前はVAIOをお供させたのですが けっこううるさいです。 でも、そのときは北陸の特急で電車がうるさか..... [続きを読む]

« EeePC 1002HA | トップページ | EeePCの静音性 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ