« BUFFALOの2.5インチHDDサイズSSD | トップページ | EeePC 1000H-Xレビュー »

2008年10月27日 (月)

EeePC 1000H-X裏蓋の奥

なかなか1000H-Xの分解写真が出てこないので、業を煮やしてもう少し奥を見てみることにしました。

Dsc01030 裏蓋を開けて、さらにHDDを取り除くと、基板上に絶縁用と思われる黒色のシートが敷かれていました。引っぺがして撮影したものが左の写真になります。

なんか、http://eeepc.dnki.co.jp/?eid=810033でみた901-Xの基盤の裏ににています。というか、ほとんど同じっぽい。違いは、8GB SSDをつけているコネクタがなく、代わりに左側にSATAコネクタがつけられていることでしょうか。

今度は表に移って、キーボードをはがしてみました。

Dsc01031 ファンクションキーの上のあたりをよーく見ると、プラスチック製のつめのようなものがあります。1000H-Xは4箇所ありました。これを精密ドライバのマイナスのものなどを使って押してやります。するとキーボードが左写真のようにはがれます。両面テープでも固定されているので、割とはがしにくいです。

この写真にある金属板をとめているねじをはずし、裏側に戻ってケースをはがすと基盤が拝めるのでしょうが、その前にどうもこのキーボードのフレキシブルコネクタをとらなきゃいけないようです。

しかし、過去に一度フレキを断線したことがあり、それ以来トラウマになっています。まあ、今日はこれくらいで勘弁してやることに(笑)しました。

しかし、上の2枚の写真とhttp://eeepc.dnki.co.jp/?eid=810033を見る限り、1000H-Xってほとんど901の基盤のまんまっぽいですね。ここから先はこちらのリンク先を見るのがいいかもしれません。

« BUFFALOの2.5インチHDDサイズSSD | トップページ | EeePC 1000H-Xレビュー »

Eee PC 1000H-X」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ほっほう!SATAコネクタなのですね。
今後はこのコネクタが主流になっていくのでしょうかね。
左奥にSSD用のコネクタランドが見えますね。
手前にはSSD固定用のネジの台座もあるようで。
新品をここまでバラしちゃうとは・・・
恐れ入りました。

こんにちは、アンビンバンコさん。
ばらしてもこのあたりが限界でした。さすがにフレキには手が出ないですね。
がんばれば、901用のSSDもつけられるんでしょうね。もっとも、どうやってコネクタを手に入れるか、と、どうやって半田付けするか、という問題が残りますが。
一応、海外のどこかに1000Hのばらし写真がないか、まだ探しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/42915668

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 1000H-X裏蓋の奥:

« BUFFALOの2.5インチHDDサイズSSD | トップページ | EeePC 1000H-Xレビュー »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ