« ASUS N10 日本発売決定!! | トップページ | EeePC 701SD-X発売 »

2008年9月19日 (金)

東芝版Netbook NB100欧州で発売

東芝のNetbook、NB100が欧州で発売となる模様です。

東芝Satellite NB100 Atomミニノート、Windows XPとUbuntu Linux版で登場

スペックは以前も書いたとおり、Aspire oneまんまのNetbookですが、バッテリ駆動時間が3時間47分。ずいぶん細かい数字です。

イギリスでは10月より発売で、価格は260ポンド。EeePC 901が320ポンドするとのことですから、Aspire oneよりは安め?OSはWindows XPまたはUbuntu。欧州はUbuntuがはやりらしいですから、妥当なところでしょうか。

ところで国内の発売は?という問いに対しては「現時点では詳細を申し上げられません」という、なんとも微妙な返答。日本で売ったら、ほかのフルスペックノートが売れなくなるのを恐れてのことでしょうか。

では、ひとつ提案。いっそ日本ではUbuntuモデルのみを49,800円くらいで試験販売するというのはどうでしょうか?

少なくとも普通のノートPCとは競合しませんし、日本ではUbuntu採用が少ないので他のNetbookとも差別化できます。国内では安心のメーカーですし、中・上級ユーザーの間では売れると思います(多分私も買います)。

『孫子』の兵法では、敵に遅れて出陣した場合に、あえて別の場所に敵を誘い出して、待ち伏せて攻撃するという”迂直の計”というのがあります。Netbook分野では遅れをとったので、ここはあえてWindowsではなくLinuxという分野で(国内では)先んじる、というのは悪い考えではありません。

今、東芝という企業の度量が問われているような気がします。

« ASUS N10 日本発売決定!! | トップページ | EeePC 701SD-X発売 »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

 Ubuntuモデルのみを49,800円くらいで試験販売する-という案は、私も賛成です。
 かつて、富士通がFM-TOWNSを学校に積極的に販売をしていましたが、ネットの発達した現在ではこういうモデルこそ、教育市場向けのはずではないでしょうか。(要はクラスメイトPCですね。)
 Linux初心者の私でも、ubuntuのインストールからアップデート、運用までWindowsから乗り換えてたいした困難もなく、行うことができています。(ある意味つまらない?)
 この文章も、EeePC4G(例の3万円モデルです)にeeeUbuntu8.0.4をインストールして書いています。

こんにちは、passoさん。私も4G-Xで書いています(Windowsですが)。
欧州ではすでにUbuntuが市民権を得ています。これはDELLだったかがUbuntuモデルを売ったら、意外にたくさん売れたということが発端のようです。
日本も欧州とそんなに事情は変わらないと思うのですが・・・。
ただ、日本では必要で、今のところどうしてもWindowsにしかできないこと、それは年賀状ソフトでしょうか。いろいろ探しては見たのですが、これの代わりになるソフトはないですね(Open Officeで無理やり作るという手はありそうですが)。
そういえば、いよいよ701 SD-Xは今日発売ですね。手に入ったらまたお知らせください。楽しみにしています。

管理人さまからも期待されていますようですので、ファーストインプレで701SDの事を書いてみます。
 外箱は光沢のある新タイプに変わり、ちょい高級感が演出されています。おまけのマウスは、従来と変わらず、バッテリーも7.4V/4400mAhで変わらず。
本体は、Eee(PC)ロゴが加わった他は、底面のリセット穴と、拡張スロットのネジ部に張られていたシールがなくなったことくらいしか違いはありません。
 さて、もっとも注目されていたスロット内ですが、やはりSSDはこちらにカードとして実装してありました。SAMUSUNG 819 K9GAG08U0M PC80 とチップにシルク印刷されていますが、おそらくMLCの方だと思われます。(そこまで調べていません。すみません。)メモリーはASint製DDR2-512M-800!です(オーバースペック)。もっとも、その場で手持ちの1Gに換装しましたが。
 で、起動してみますとタッチパッドはElanteckというメーカーですが、特別変わった印象は有りません。(クリックしにくい点は多少改善されています。)
CPUクロックは正規の900MHz駆動になっています。
 日本市場向けのおまけとして付属のHDDは黒の光沢仕様で、シーゲート製の1.8インチドライブST730212です(ずいぶん贅沢)。
 マイコンピューターのその他のところに、EeeStorageが追加されています。10G使えるのは便利ですが、既存のユーザー向けにこそ必要なサービスだと思うのですが。起動直後のCドライブ使用量は2.02G、空き容量は5.46Gです。
 以上が第一印象です。拙い文章を長々とすみませんでした。


こんにちは、passoさん。
早速のインプレッションありがとうございます。ブログ記事にもつかわせていただきました。
SSDですが、ちょっと調べた限りではわかりませんでした。事前情報などから、やはりMLCだと思われます。
でも使用感はどんなものなんでしょう。最近MLCといってもかなり早くなってきているらしいですし。また使ってみての感触など、載せていただければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/42526824

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝版Netbook NB100欧州で発売:

« ASUS N10 日本発売決定!! | トップページ | EeePC 701SD-X発売 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ