« ハイエンドEeePC S101ついに(米国で)発売!? | トップページ | DELL Inspiron Mini 9発売 »

2008年9月 3日 (水)

GIGABYTE版Netbook M912X

GIGABYTEのNetbook(UMPC)の話はなんとなく聞いていましたが、やっと国内販売にこぎつけたようです。

PC Watch:GIGABYTE、79,800円のAtom搭載コンバーチブルUMPC

なんとなく地味なメーカーに見えますが、マザーボードメーカーとしてはASUSと並ぶ有名メーカー。私も何枚か買ったことがあります。

Atomプロセッサ搭載にしては、EeePC 901などと比べて2万円高ですが、ほかのNetbookにはないタッチパネルがついています。ディスプレイも180度回転し、タッチパネルのみでも使えます。ちょうど富士通のLOOX Uみたいです。

EeePC 901やAspire oneと同じ8.9インチですが、解像度は1280×768。どちらかというと工人舎対抗といったところでしょうか。

HDDも160GBと、メインノートとしても十分使える容量です。

もっとも、タッチパネルとExpressカードスロットがついたことで2万円の価値が見出せるか?というところですが・・・今後の展開が楽しみです。

« ハイエンドEeePC S101ついに(米国で)発売!? | トップページ | DELL Inspiron Mini 9発売 »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

パソコン系」カテゴリの記事

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/42369803

この記事へのトラックバック一覧です: GIGABYTE版Netbook M912X:

« ハイエンドEeePC S101ついに(米国で)発売!? | トップページ | DELL Inspiron Mini 9発売 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ