« VAIO TT日本国内発表 他 | トップページ | 「ネットブックは安くない」にもの申す »

2008年9月30日 (火)

EeePC開発裏話

PC Watchで、2回にわたり「ネットブック開発者インタビュー ASUSTeK編」が連載されました。

PC Watch : 【特別企画】台湾ネットブック開発者インタビュー ASUSTeK編~初代Eee PCはAMD Geodeで検討していた

笠原一輝のユビキタス情報局 ASUSが語るEee PC誕生秘話

つまり、EeePC開発の裏話のようなものが載っています。

1回目のタイトルにもあるとおり、当初はAMDに話を持ちかけたようです。Geodeというモバイル用の低価格なCPUがあったからのようです(工人舎のモバイルPCが使っていましたね)。その後Intelに持ちかけて、Celeronの採用が決まったようです。

また、ASUSが「ユーザー体験」を大事にした、という部分を強調されています。EeePCの開発には安さの追求だけでなく、ユーザーの立場に立って作っていたということだそうです。

なかなかいい記事なので、詳しい話は中を読んでもらうと分かります。ここでは私の所感を。

個人的に注目したいのは「Intel」と「AMD」の関係。ASUSは最初にAMDに話を持ちかけて、いい条件を出されたにもかかわらず、Intelにも交渉しています。これは一種の駆け引きですが、やはりIntelに対するライバルとしてのAMDの存在の大きさを示しています。

これに対して「Microsoft」は当初EeePC用に安価なWindowの供給をしませんでした。これは独占企業ゆえ、特定のベンダーだけに価格を変えられない事情もあるようですが、いざLinuxを採用したEeePCが売れはじめると、ULCPC用XPというのを設定してきたところを見ると、やはりMicrosoftの独占ゆえの弊害であったように思えます。

MicrosoftにはIntelに対するAMD、Cokeに対するPepsiのようなライバルが存在しません。このことがいかに世の中の発展を阻んでいるかを感じました。

« VAIO TT日本国内発表 他 | トップページ | 「ネットブックは安くない」にもの申す »

Eee PC・ネットブック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/42641457

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC開発裏話:

« VAIO TT日本国内発表 他 | トップページ | 「ネットブックは安くない」にもの申す »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ