« EeePC対抗のNetbook動向 | トップページ | HT1100の不満点 »

2008年8月16日 (土)

Aspire one改造記事

日本ではもうすぐ発売のAspire oneですが、海外ではすでに発売されているようで、早速分解・改造の記事が出ていました。

Engadget:Acer Aspire oneにBluetooth追加、RAM増設Mod

この手の改造って真っ先にBluetoothを入れたがる場合が多いです。EeePC 701もそううでした。なので901や最近売り出すNetbookは標準装備しているところがおおいんですけど、Aspire oneは未装着。なんでこういう改造がまた出てきます。

さらにRAM増設とは、Aspire oneは標準で1GB、増設は不可となっています。こちらの方はLinux版で512MB品を買ったため、改造で1GB追加し1.5GBとしています。

改造といえば、EeePC 701のときはやったのがタッチパネルにすること。901やその他のNetbookではこうした改造は見かけません。8.9/10インチ用のタッチパネルくらいありそうな気がしますが、なんでやらないんでしょうね(とあんまり書くとお前がやれといわれそうですが)。

ちなみに日本では8月23日発売です。

(追記:下のリンク先は、8月24日時点で在庫あるのかないのか微妙なお店です、納期は一週間と書いてあります)

Acer(エイサー)ノートパソコン Aspire ONE(8.9型液晶/WSVGA/シーシェルホワイト)[AOA150-Bw]

私事ですが、この3日間は大忙しでブログの更新が滞っていました。デスクトップの2台目HDDの空きパーティションにUbuntuをいれようとしたらそのドライブごと使えなくなったり(Ubuntuも起動不能)、妻の実家にいったらその日の夜から妻が高熱を出したり(まだ38度台が続いています)と、トラブル続きです。

ちなみにデスクトップ機のトラブルは、これを機会にHDDを追加してもらいました。今まで320GB+160GBの構成でしたが、640GBドライブを購入、これにバックアップ用320GBという構成にしました。Windowsも入れ直し、快調です。

160GB HDDは重要ファイルのバックアップと、どうでもいいファイルが入っていただけなので、Ubuntu8.04を入れました。

ただ、うちのケースではHDDが2台しかつかないので、160GB HDDと640GB HDDは同じコネクタを排他利用し、160GB HDDはケース底面に直置きという状態です。もうケースの買い替え時でしょうか。もうちょっと手軽に切り替えを出きるようそのうち考えます。

« EeePC対抗のNetbook動向 | トップページ | HT1100の不満点 »

モバイル系」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
奥様、熱ですか。いけませんな。お大事に。

タッチスクリーン、海外ですが900用で出てるようです。
以前コメントいただいたitoさんのブログで発見しました。
http://blog.livedoor.jp/w21ca_template/archives/51483231.html

HDD、すごい容量ですね!
うちのデスクトップは80GBを半分に割ってXpで使っております。
もうひとつubuntu入れた120GBが遊んでいて最近は使っておらんです。

こんにちは、アンビンバンコさん。
妻の熱はまだ下がりません。あまりひどいようなら今夜あたり病院に連れていこうかと思います。
昔からNHKスペシャルやディスカバリチャンネルなど、気に入った動画を溜め込んでいるせいでついHDDが大容量化してしまいます。
大容量ディスクは大きいだけでなく、記録密度が高いため読み取り速度も向上します。おかげで休止状態からの復帰が恐ろしく速くなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510034/42184155

この記事へのトラックバック一覧です: Aspire one改造記事:

« EeePC対抗のNetbook動向 | トップページ | HT1100の不満点 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ