« メリージム | トップページ | プーさんの毛布 »

2008年5月 4日 (日)

タカタのチャイルドシート


1位★カードOK★代引・送料無料★takata04-system3.0 タカタ takata システム チャイルドシート・ジュニアシート

おすすめ度 : ☆☆☆☆☆

チャイルドシートは法規でも定められており、赤ちゃんには必需品です。

しかしチャイルドシートでは何を買えばよいか?について、以下のページが参考になります。

独立行政法人自動車事故対策機構 チャイルドシートアセスメント

ここではさまざまなチャイルドシートをテストし、安全性を「優」「良」「普通」「推奨せず」の4段階で判定しています。

しかし、チャイルドシートアセスメントではもうひとつ評価基準があります。

それは「装着性」。いかに優れているシートも、きちんとつけられていないと性能を発揮できないためです。こちらは5点満点で評価されています。

07年度のチャイルドシート評価で、一番普及している乳幼児兼用型では、「優」をとれているところはタカタ、アップリカ、リーマン製の3社の製品があります。

このうち、乳児・幼児両方とも「優」で、かつ装着性が4以上なのはタカタだけです。私がチャイルドシートを買った05年にも同様にタカタの評価が高かったので、今うちではタカタ製のチャイルドシートを使っています。

アップリカは安全性は高いのですが、装着性が低いのが欠点です。アップリカ独自のチャイルドシートの形態で横に寝かせるタイプもありますが、これは安全上問題があるようです。また横にもたてにもできることが、チャイルドシートの取り付け部構造を複雑にし、装着性を落としているようです。

なんにしても、いざというときの装備。慎重に選びたいものです。

« メリージム | トップページ | プーさんの毛布 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タカタのチャイルドシート:

» アップリカとは? [アップリカ チャイルドシート]
アップリカとは、イタリア語「APRICO」(意味は、明るい太陽の当たった)からの造語で、「太陽が燦燦と当たる温かい家(家庭)を目指し、また温かい心を持った子どもたちに育ってほしい」という願いを込めて命名されました創業は、1947年で、1949年にベビーカーの第1号作品を発表しました。それをキッカケに、ファッション性を重視した育児用品や、子供用乗り物を開発し現在に至っています。... [続きを読む]

« メリージム | トップページ | プーさんの毛布 »

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ