おもちゃ系

2017年10月 8日 (日)

人工知能搭載の”ハロ”2018年に発売へ

ガンダムの隠れた人気キャラ(?)の”ハロ”が、人工知能を搭載して年内発売だそうです。

ガンダムの「ハロ」、AI搭載ロボットに 来年発売 - ITmedia NEWS

CEATEC Japan 2017でお披露目があったようです。価格は未定。

ちなみに人工知能とは、ガンダムに関する会話ができるということのようです。

ただ、ちょっとハロらしくない会話。

こんな会話をするそうです。

でも、あの棒読みっぽい声で「アムロ、ゲンキカ」とかやってほしいところ。シャアだのセイラさんがガンダムで2度出撃したなど、ハロが語る内容でしょうかね・・・

などと文句言っても仕方ないですね。これはこれで面白そうな製品。

クラウド型のようで、サーバー側にデータが蓄積されて、会話が進化するそうです。これはこれですごい。

でも、この手の仕組みって月額いくらでつなげるやつばかりなので、果たして受け入れられるかどうかはわかりません。

AI部分は日本IBMが、生産はVAIOが手掛けるそうです。発売はもちろんバンダイ。

サーバーとの接続のためにWi-Fiを搭載、スマホアプリと連動、Bluetoothスピーカーとの接続も可能、目覚まし・タイマーにもなるそうです。

あとは、どれだけガンオタを惹きつける製品になるかが肝ですね。

機動戦士ガンダム 1/4 マスコットロボ ハロ (グリーン)

2017年10月 6日 (金)

百均の木箱がこんなアイテムに!?

百均ショップは無限の可能性を秘めた宝の山。そう感じさせる作品が登場です。

【コレ感激!】「ここに百均の箱があるじゃろう?」→これがこうなって…こうじゃ!(画像) | COROBUZZ

 

この木箱が、

こうなって、

こうなります。

もちろん、中身は百均の物ばかりではありません。バイクはタミヤの1/35 DKW NZ350 motorcycleだそうで。

こういう才能がある人はうらやましいですね。この大きさなら飾っておくのも邪魔ではないですし、ほこりもたまりにくい形状もいいです。アイデアと技量に感動です。

タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.286 ドイツ陸軍 4輪装甲偵察車 Sd.Kfz.222 北アフリカ戦線 プラモデル 35286

2017年9月 8日 (金)

レゴランドに3回行った結果!

長男はすっかりレゴにはまってしまいました。

Img_1460

これまでの貯金と小遣いを放出、誕生日プレゼントもすべてレゴにつきこんだ結果が上の写真です。

どちらかというと、これまではマイクラにはまってたんですけどね。だからレゴのマイクラシリーズも買ってます。

しかし気づけばレゴ シティシリーズにもはまってますね。

こういう動画が、トイザらスなどでも流れているのがいけないんでしょうが。

それにしても、レゴって案外高いんです。3万円以上かけて、上の写真に写ったくらいしか買えません。

定価で買ったらえらいことになるので、定価販売が基本のレゴランドではとても購入不可。

アマゾンやトイザらス、ビックカメラと定価より安いところで買うようにしてます。現地では見るだけ。

大体入場料で儲けてるんだから、レゴぐらい安く売ってくれればいいのに・・・

ところで、実は8月の終わりごろに一度東京ディズニーランド/ディズニーシーにも行ったんですが。

結局、レゴの呪縛からは離れられませんでした。

YouTubeでも”レゴランド”のアトラクションばかり見てます。こんなことなら、TDLやめてレゴランドにしておけばよかったかと。

10月ごろに涼しくなってから、またレゴランドへ行く予定。せっかく年間パス買ったことですし、パスの切れる5月までにあと3~4回くらいは行く予定。

あまり評判のよろしくないレゴランド・ジャパンですが、こういう家庭もあるってことで。

レゴ (LEGO) シティ レゴ (LEGO) (R)シティのまち 60097

2017年9月 6日 (水)

デアゴスティーニから通販冊子がきた!

デアゴスティーニのシリーズは最近さっぱり手出ししておりませんね。

ロビ2の購読がはじまったようですが、ロビ 1があるからいいかなとスルーしております。

ところが先日、こんなものが届きまして。

Img_3010

デアゴスティーニから通販カタログが来ました。

Img_3011

どうもシリーズのまとめ買いが売られているようです。この五重塔ってやつは13万円+税だそうで。

Img_3012

零戦52型のダイキャストまで売られてます。

Img_3013

大和もありますね。

Img_3014

うちの子供が興味を持ったのはこのページ。

スポーツカーです。大体どれも価格は1.5~2万円程度。

Img_3015

比較的安いメタリックモデルなんてものもあります。

しかし、デアゴスティーニといえば毎号買って作り上げるシリーズが主力商品の会社。今さら、どうしてこんなまとめ品を売ろうと思ったのか?

私としては、ロビ 1を2へアップデートする改造キットを売ってほしいところですね。それなら迷わず買うんですが。

最近はデアゴスティーニもちょっと高くなったかなぁと思います。大体どのシリーズも1号2000円ほどとなり、合計金額は10~20万円程度。

月あたり8千~1万円ということになります。しかも期間は1.5~2年。

最近は、そこまでしてほしいと思うものがないですね。

こういうまとめ売りは大歓迎ですが、今回特にほしいと思うものもなし。またいずれいいものが出てくれば、買ってみてもよさそうです。

ラリーカーコレクション 105号 (プジョー・208 T16 パイクスピーク 2013) [分冊百科] (モデル付)

2017年7月12日 (水)

キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu”

見た目は凄いちっちゃいゲーム機ですが、ファミコン、SFC、ゲームボーイ系が動くエミュレータ端末だそうです。

世界最小のキーホルダーサイズでファミコン・スーファミ・ゲームボーイ・GBAをプレイ可能なエミュレーターがスゴイ - GIGAZINE

中には最近年内生産が終了するといわれているIntelのEdisonが使われているそうです。

この大きさなので、キー操作はかなり大変そう。もうちょっと大きくていいので、操作性がいいとありがたいんですけどね。

市販すればものすごく売れそうですね。もっとも、こんな法的にグレーどころかブラックな端末、発売が許される見込みはありませんが。

10月には日本でもスーファミのクラシックミニ版が出ますが、新たなライバル(?)となるんでしょうか?面白いハードではありますが。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2017年6月28日 (水)

ミニスーパーファミコン 10月5日に発売決定!

ミニファミコンが突然生産中止になったので、多分こうなるだろうといわれていた事態が発生いたしました。

手のひらサイズのスーファミ「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発表、日本では10月5日発売 - GIGAZINE

”ミニスーパーファミコン”が発売されることが発表されました。

正式名称は”ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”。海外では9月29日発売で80ドル、日本では10月5日発売で7,980円。

日本・欧州では上のようなデザイン、アメリカではSNESデザインで復刻されます。

なお、プリインストールされるゲームは以下の21種類(日本仕様)。

・スーパーマリオワールド
・F-ZERO
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
・超魔界村
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
・スーパーフォーメーションサッカー
・魂斗羅スピリッツ
・スーパーマリオカート
・スターフォックス
・聖剣伝説2
・ロックマンX
・ファイアーエムブレム 紋章の謎
・スーパーメトロイド
・ファイナルファンタジーVI
・スーパーストリートファイターII
・スーパードンキーコング
・スーパーマリオ ヨッシーアイランド
・パネルでポン
・スーパーマリオRPG
・星のカービィ スーパーデラックス
・スターフォックス2

なんと未発売のスターフォックス2が含まれています。

私もスターフォックスをやりこみましたが、2が出る出るといわれててずっと待ってたのに出ることなくすっかり忘れ去っておりました。ここにきて発売されるとは驚きです。

なお、コントローラーは標準サイズなため、ミニファミコンと比べると使い勝手は向上。確かに、あのボタンをミニサイズで使う気にはなれませんね。正しい判断です。

個人的にはスターフィックスとゼルダが含まれているのがいいですよね。特にゼルダ、当時はやりこみました。

が、シムシティ、シムアースはなし。この2つのゲームも私にとってはぜひやりたかったゲーム。残念です。

といっても、アクションゲームをやる年齢ではないし、買うかどうかは微妙。

せめて子供らがやるなら買ってみてもいいんですが、うちの子供らはあまりこの手のアクション系のゲームはやりませんね。マイクラ、Angry Birdsあたりがせいぜいです。

でもきっとまた売れるんでしょうね。今度こそ安定供給されることを願います。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2017年6月 8日 (木)

スマホでコントロールできるわりとアニメなカーズ・マックィーンのラジコン

CGみたいだと書かれてますが、確かに動きがカーズの”アニメ”そのまんまに見えます。

ほとんどCG。「カーズ」のマックィーンがスマホでうねうね動くレーシングカーになった - Engadget 日本版

このマックィーンのラジコン、スマホでコントロールできて、まるで映画のマックィーン同様の動きをしてくれるおもちゃです。

とにかく、こちらの動画をご覧ください。

ボディーの動きがアニメとそっくり。しかしこれ、CGではなく本物。

「アルティメット・ライトニング・マックィーン」という商品名だそうですが、450個のパーツ、シールを使わずプリントされた外装ペイント、そして6個のモーターを用いたアニメさながらの動き。なかなかこだわりの逸品ですね。

ドリフトもこなせるこの商品、お値段はなんと41,450円!モノの仕上がりを考えると納得ですが、しかしそれにしても高い・・・6月23日発売だそうです。

ところで、7月15日からカーズの新しい映画「カーズ/クロスロード」が上映されます。

いきなりクラッシュシーンから始まるPVも衝撃的ですが、内容も気になります。

長男・次男ともにカーズ好きですし、この映画、見に行きますかねぇ。

ディズニー カーズ おしゃべりダッシュ! ライトニング・マックィーン (RRCタイプ)

2017年6月 3日 (土)

SONYのおもちゃ”toio”発表!

尺取虫のようなテザー広告が公開されてましたが、ついに正式発表されました。

Sony Japan | ニュースリリース | トイ・プラットフォーム「toio™」を2017年12月に発売、本日より先行予約販売開始

”toio”というそうです。読み方はローマ字そのまま”トイオ”です。

二つのコアキューブにリング、カードリッジとコンソールからなるセット。

カードリッジは別売りで、今のところ2種類がリリース予定。

この動画にある通り、たった二つのブロックで様々な表現が可能。

要するに、ファミコンのようにプログラムを転送してまるで生き物のように動くおもちゃ、といったところでしょうか?

タイトルとしては「トイオ・コレクション」

こっちは簡単なプログラミング的なことができるソフトのようです。

そして「工作生物 ゲズンロイド」

テザー広告で出てきた尺取虫はこのゲズンロイドだったんですね。

まるでピタゴラスイッチに出てくる「新しい生物」シリーズのようだなぁ・・・と思ってたら、「ピタゴラスイッチ」や「コんガらガっち」でおなじみのクリエイター集団「ユーフラテス」による工作生命キット!なんだそうです。

12月1日に発売。お値段はオープン価格ですが、先行予約でtoioのベースキットが21,557円。ソフトがそれぞれ4~5000円ほど。なお、予約はすでに始まってますが、数量限定で売り切れの模様。

トイ・プラットフォーム「toio™」 | First Flight

子供に見せると興味津々ですが、すぐに飽きそうですねぇ・・・なお、このコアキューブにはレゴブロックを組み合わせることができるそうです。オリジナルのおもちゃを作ることができるっぽいですね。

SONYらしさを取り戻せるのか?ダイナミックにずっこけるのか?12月の発売後が気になります。

Toio

2017年5月30日 (火)

”平日”のレゴランドへ行ってきました!

「誰だ!誰だ!誰だ~!」

Img_0999

「平日(のレゴランドは)ガラガラって言ったやつ!!!」

(ガッチャ○ン風に脳内再生をお願いします)

土曜日が小学校の運動会で、月曜日が代休なため珍しく平日休みが取れまして。

ここで私も休みを取ると「平日にレゴランドに行けるじゃないか」と気づいた次第。

で、私も年休を取ってレゴランドへGo!

平日はガラガラだというし、遊び放題乗り放題になるんじゃないかと思ったら

甘い!!

といわんばかりのごらんのような人混み。

ちなみに上の列は”持ち物チェック”手前です。

あまりの軍勢の多さに、この日は持ち物チェックを全くやってませんでした。

Img_1001

さらに奥に入ったチケット売り場へ向かう列はご覧の通り、ずーっと続いてます。

ところが、我々はすでに”年間パスポート”を入手済み!

ただゲートへ向かえばいいだけ・・・

Img_1002

なんですが

艦影多数!!計測限界突破!!

ゲート前がすでにこの有様。

時間は10時9分。開園直後の風景です。

行っておきますが、これ5/29(月)、平日の風景です。

ただ、これにはやや事情あり

愛知県ではこの間の土曜日に運動会をやったところが多く、月曜日が代休となっているところばかりのようです。

同じことを考えてる人が大勢いたってことですね。

でも駐車場では”大宮””足立”ナンバーなど関東系の地名を見かけたので、もしかしたらかんとーちほーでも同じような事情があったんでしょうかね??

蓋を開けてみれば、前回(5/3の連休中)とさほど変わらない混雑ぶりでした。

ということで、元々ここでは「平日でガラガラのレゴランド・ジャパンの様子」をお届けする予定だったんですが。

このままでは、前回記事(話題騒然!?のレゴランド・ジャパンへ行ってきました!)とあまり変わらない内容の記事を書くことになりそう。

ということで、なるべく前回と重複する部分を除いて記事にしてみます。

Img_1037

前回は”ミニランド”エリアの”東京”部分を見てませんでした。

このため、今回は東京付近の建物を見てきましたが。

Img_1033

なにやら、見たことのないロボットが。

いやこれ、どう見てもモビルスーツでしょう・・・

Img_1034

すぐ横に、お台場では有名なあの建物が。

この辺りでお察し、要するにあの実物大モビルスーツですね(現在は撤去済みのあれです)。

版権がかかわるものなので、似ても似つかないロボットを配置していたようです。

他にも版権上やばそうな奴は微妙にぼかしてありますね。前回は気づきませんでした。

Img_1055

昼食は”ナイト・キングダム”エリアにあるレストランでとりました。

ここがまたえらい高かったのなんのって・・・まあそれはともかく、ここで初めてあのレゴブロック風フライドポテトに出会いました。

味はごく普通のポテトだったようです(長男談)。

Img_1073

そういえば、妻と2人の子供らはこの「スクイッド・サーファー」ってやつに乗ったんですが。

Img_1081

待機・撮影中に何度も水をかけられました。

防水のiPhone 7 Plus、Apple Watchでよかった。

Legoland01

このレゴランド、水をかけあうというのがわりと普通に行われてます。

前回で心得ていたつもりですが、今回はかなり直撃弾を受けました。

Img_1167

そういえば今回、ネットでも一時噂になった1350円のチキンバーガーセットを注文してみました。

確かに1350円でこの量といわれるとちょっと高いですが、テーマパーク系ならこんなものでしょう。

ちなみにここのポテトはわりとうまいです。

Img_1136

夕方に”オブザベーションタワー”に乗ったので、その時撮った写真。

これはミニランド付近

Img_1137

「パイレーツショア」エリア付近。

なんだか、結構人がいます。

他も大体こんな感じ。長蛇の列も多い。

Img_1126

てことで、昼間はわりと”90分待ち”が多かった気がします。

大量人数をさばけるアトラクションでも45分待ち表示がデフォだったような。

連休中でももうちょっと少なかった気がします。この日は多かったんですかね?

Img_1170

帰り際には正門近くのお土産ショップに寄ったわけですが

Img_1171

長男、次男ともに”マイクラ”コーナーを物色。好きですねぇ。

Img_1397

が、結局買ったのはこれだけ。

右上のは「ナイト・キングダム」にある売店にて、1200円で3体分のパーツを選択してオリジナルのレゴフィギュアが作れるというところがあったので、そこで次男が作った作品。

本人は大喜び。まさにオリジナル商品ですし。

なお、ショップのレゴのマイクラシリーズでほしいものを見つけたものの、Ama○onで注文しちゃったというのは内緒です。

Img_1177

帰り際には駐車場~レゴランド間にある広場で行われた噴水ショーを見てました。

ところで、このレゴランドに隣接した場所であるレストランが突如閉店を決めたという話が流れてましたが・・・

ぱっと見た限り、前回と変わらぬ店舗。

Img_1183

なんですが、現地で調べると、どうやら上の赤枠の場所がその店舗のあったところ。

なお、私も含めてほとんどの人の導線は赤矢印のとおり。

上の噴水の写真を見ると、確かに奥があるんですが、あそこに奥があるという認識が全く起こりませんでしたね。

お客が想定以上に少なかったのは、単にレイアウトの問題じゃないかと。

この導線上の店舗はかなり繁盛している様子でした。

相変わらずレゴランドのネガティブキャンペーンが繰り広げられているようですね。場所が”名古屋”だからでしょうか?

入場料値下げや水筒持込可になったなどの施策がとられてますが、かえってこれをネタにネガティブな話として盛り上げられている感があります。先のレストラン閉店もそうですね。

私は肯定も否定もなく、ただ事実だけを書くよう心がけてますが、今のところ特にネガティブに取り上げるべきところはないですね。

もちろん、レゴランド側に問題なしとは言いませんが、まだ開園して高々2か月程度のテーマパーク。改善するべきところが多いのは当たり前じゃないでしょうか?

今回、私が感じたことの一つに、園内のスタッフの対応がすごく親切だというのがありました。

場所を聞けば丁寧に回答してくれて、写真を撮っていたら撮影してくれたり、当たり前といえば当たり前のことですが、できて2か月程度のところにしては徹底している感がありました。

わりとこの辺りがダメだと感じたのが、実はラグー○蒲郡のラグ○シアだったんですが・・・あそこでちょっとひどい対応を受けたことがあるので、つい対照的に見てしまいますね。

そういえば、今回は”静電気”はまったく受けなかったですね。空気が乾燥していたんでしょう、前回は。

今回の内容は、こんなところでしょうか?

あまり平日らしさのない内容でした。

”平日”だと実感できたのは、レゴランドそばの市営駐車場の料金が平日料金だったことくらいでしょうか?前回は「1500円」でしたが、同じくらいの時間で今回は「1000円」でした。

さて、年間パスポートの元を取るためには最低あと一回行く必要あり。

少なくとももう一度くらい、レビューしてみる予定です。

レゴランド・ジャパン完全ガイドブック ウォーカームック

2017年5月29日 (月)

SONYのおもちゃ 6/1に発表!?

なんだかよくわからないおもちゃですが、とにかくSONYから”おもちゃ”が発表されます。

ソニーから新たなおもちゃが6月1日に発売 | UNLEASH

これだけでは単なる尺取虫ですが、まさかこれだけの機能ではないはず。

プログラミング可能な、多機能型ブロックおもちゃですかね?この白くて四角いパーツ以外にもいろいろあるんでしょうか?気になります。

6月1日といえばもうすぐなので、期待して待つことにいたしましょう。

ただ、ここ最近のSONYのこの手の斬新な製品は大コケすることが多いので、正直斜め上の方向に行かないかが心配ですが・・・大丈夫でしょうか?

ソニー・クリエィティブプロダクツ ラーニングカーブ きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ エドワード FC-78394

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ