おもちゃ系

2017年7月12日 (水)

キーホルダー型でファミコン・ゲームボーイ・SFC・GBAがプレイ可能なエミュレータ機”Keymu”

見た目は凄いちっちゃいゲーム機ですが、ファミコン、SFC、ゲームボーイ系が動くエミュレータ端末だそうです。

世界最小のキーホルダーサイズでファミコン・スーファミ・ゲームボーイ・GBAをプレイ可能なエミュレーターがスゴイ - GIGAZINE

中には最近年内生産が終了するといわれているIntelのEdisonが使われているそうです。

この大きさなので、キー操作はかなり大変そう。もうちょっと大きくていいので、操作性がいいとありがたいんですけどね。

市販すればものすごく売れそうですね。もっとも、こんな法的にグレーどころかブラックな端末、発売が許される見込みはありませんが。

10月には日本でもスーファミのクラシックミニ版が出ますが、新たなライバル(?)となるんでしょうか?面白いハードではありますが。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2017年6月28日 (水)

ミニスーパーファミコン 10月5日に発売決定!

ミニファミコンが突然生産中止になったので、多分こうなるだろうといわれていた事態が発生いたしました。

手のひらサイズのスーファミ「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発表、日本では10月5日発売 - GIGAZINE

”ミニスーパーファミコン”が発売されることが発表されました。

正式名称は”ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン”。海外では9月29日発売で80ドル、日本では10月5日発売で7,980円。

日本・欧州では上のようなデザイン、アメリカではSNESデザインで復刻されます。

なお、プリインストールされるゲームは以下の21種類(日本仕様)。

・スーパーマリオワールド
・F-ZERO
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
・超魔界村
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース
・スーパーフォーメーションサッカー
・魂斗羅スピリッツ
・スーパーマリオカート
・スターフォックス
・聖剣伝説2
・ロックマンX
・ファイアーエムブレム 紋章の謎
・スーパーメトロイド
・ファイナルファンタジーVI
・スーパーストリートファイターII
・スーパードンキーコング
・スーパーマリオ ヨッシーアイランド
・パネルでポン
・スーパーマリオRPG
・星のカービィ スーパーデラックス
・スターフォックス2

なんと未発売のスターフォックス2が含まれています。

私もスターフォックスをやりこみましたが、2が出る出るといわれててずっと待ってたのに出ることなくすっかり忘れ去っておりました。ここにきて発売されるとは驚きです。

なお、コントローラーは標準サイズなため、ミニファミコンと比べると使い勝手は向上。確かに、あのボタンをミニサイズで使う気にはなれませんね。正しい判断です。

個人的にはスターフィックスとゼルダが含まれているのがいいですよね。特にゼルダ、当時はやりこみました。

が、シムシティ、シムアースはなし。この2つのゲームも私にとってはぜひやりたかったゲーム。残念です。

といっても、アクションゲームをやる年齢ではないし、買うかどうかは微妙。

せめて子供らがやるなら買ってみてもいいんですが、うちの子供らはあまりこの手のアクション系のゲームはやりませんね。マイクラ、Angry Birdsあたりがせいぜいです。

でもきっとまた売れるんでしょうね。今度こそ安定供給されることを願います。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

2017年6月 8日 (木)

スマホでコントロールできるわりとアニメなカーズ・マックィーンのラジコン

CGみたいだと書かれてますが、確かに動きがカーズの”アニメ”そのまんまに見えます。

ほとんどCG。「カーズ」のマックィーンがスマホでうねうね動くレーシングカーになった - Engadget 日本版

このマックィーンのラジコン、スマホでコントロールできて、まるで映画のマックィーン同様の動きをしてくれるおもちゃです。

とにかく、こちらの動画をご覧ください。

ボディーの動きがアニメとそっくり。しかしこれ、CGではなく本物。

「アルティメット・ライトニング・マックィーン」という商品名だそうですが、450個のパーツ、シールを使わずプリントされた外装ペイント、そして6個のモーターを用いたアニメさながらの動き。なかなかこだわりの逸品ですね。

ドリフトもこなせるこの商品、お値段はなんと41,450円!モノの仕上がりを考えると納得ですが、しかしそれにしても高い・・・6月23日発売だそうです。

ところで、7月15日からカーズの新しい映画「カーズ/クロスロード」が上映されます。

いきなりクラッシュシーンから始まるPVも衝撃的ですが、内容も気になります。

長男・次男ともにカーズ好きですし、この映画、見に行きますかねぇ。

ディズニー カーズ おしゃべりダッシュ! ライトニング・マックィーン (RRCタイプ)

2017年6月 3日 (土)

SONYのおもちゃ”toio”発表!

尺取虫のようなテザー広告が公開されてましたが、ついに正式発表されました。

Sony Japan | ニュースリリース | トイ・プラットフォーム「toio™」を2017年12月に発売、本日より先行予約販売開始

”toio”というそうです。読み方はローマ字そのまま”トイオ”です。

二つのコアキューブにリング、カードリッジとコンソールからなるセット。

カードリッジは別売りで、今のところ2種類がリリース予定。

この動画にある通り、たった二つのブロックで様々な表現が可能。

要するに、ファミコンのようにプログラムを転送してまるで生き物のように動くおもちゃ、といったところでしょうか?

タイトルとしては「トイオ・コレクション」

こっちは簡単なプログラミング的なことができるソフトのようです。

そして「工作生物 ゲズンロイド」

テザー広告で出てきた尺取虫はこのゲズンロイドだったんですね。

まるでピタゴラスイッチに出てくる「新しい生物」シリーズのようだなぁ・・・と思ってたら、「ピタゴラスイッチ」や「コんガらガっち」でおなじみのクリエイター集団「ユーフラテス」による工作生命キット!なんだそうです。

12月1日に発売。お値段はオープン価格ですが、先行予約でtoioのベースキットが21,557円。ソフトがそれぞれ4~5000円ほど。なお、予約はすでに始まってますが、数量限定で売り切れの模様。

トイ・プラットフォーム「toio™」 | First Flight

子供に見せると興味津々ですが、すぐに飽きそうですねぇ・・・なお、このコアキューブにはレゴブロックを組み合わせることができるそうです。オリジナルのおもちゃを作ることができるっぽいですね。

SONYらしさを取り戻せるのか?ダイナミックにずっこけるのか?12月の発売後が気になります。

Toio

2017年5月30日 (火)

”平日”のレゴランドへ行ってきました!

「誰だ!誰だ!誰だ~!」

Img_0999

「平日(のレゴランドは)ガラガラって言ったやつ!!!」

(ガッチャ○ン風に脳内再生をお願いします)

土曜日が小学校の運動会で、月曜日が代休なため珍しく平日休みが取れまして。

ここで私も休みを取ると「平日にレゴランドに行けるじゃないか」と気づいた次第。

で、私も年休を取ってレゴランドへGo!

平日はガラガラだというし、遊び放題乗り放題になるんじゃないかと思ったら

甘い!!

といわんばかりのごらんのような人混み。

ちなみに上の列は”持ち物チェック”手前です。

あまりの軍勢の多さに、この日は持ち物チェックを全くやってませんでした。

Img_1001

さらに奥に入ったチケット売り場へ向かう列はご覧の通り、ずーっと続いてます。

ところが、我々はすでに”年間パスポート”を入手済み!

ただゲートへ向かえばいいだけ・・・

Img_1002

なんですが

艦影多数!!計測限界突破!!

ゲート前がすでにこの有様。

時間は10時9分。開園直後の風景です。

行っておきますが、これ5/29(月)、平日の風景です。

ただ、これにはやや事情あり

愛知県ではこの間の土曜日に運動会をやったところが多く、月曜日が代休となっているところばかりのようです。

同じことを考えてる人が大勢いたってことですね。

でも駐車場では”大宮””足立”ナンバーなど関東系の地名を見かけたので、もしかしたらかんとーちほーでも同じような事情があったんでしょうかね??

蓋を開けてみれば、前回(5/3の連休中)とさほど変わらない混雑ぶりでした。

ということで、元々ここでは「平日でガラガラのレゴランド・ジャパンの様子」をお届けする予定だったんですが。

このままでは、前回記事(話題騒然!?のレゴランド・ジャパンへ行ってきました!)とあまり変わらない内容の記事を書くことになりそう。

ということで、なるべく前回と重複する部分を除いて記事にしてみます。

Img_1037

前回は”ミニランド”エリアの”東京”部分を見てませんでした。

このため、今回は東京付近の建物を見てきましたが。

Img_1033

なにやら、見たことのないロボットが。

いやこれ、どう見てもモビルスーツでしょう・・・

Img_1034

すぐ横に、お台場では有名なあの建物が。

この辺りでお察し、要するにあの実物大モビルスーツですね(現在は撤去済みのあれです)。

版権がかかわるものなので、似ても似つかないロボットを配置していたようです。

他にも版権上やばそうな奴は微妙にぼかしてありますね。前回は気づきませんでした。

Img_1055

昼食は”ナイト・キングダム”エリアにあるレストランでとりました。

ここがまたえらい高かったのなんのって・・・まあそれはともかく、ここで初めてあのレゴブロック風フライドポテトに出会いました。

味はごく普通のポテトだったようです(長男談)。

Img_1073

そういえば、妻と2人の子供らはこの「スクイッド・サーファー」ってやつに乗ったんですが。

Img_1081

待機・撮影中に何度も水をかけられました。

防水のiPhone 7 Plus、Apple Watchでよかった。

Legoland01

このレゴランド、水をかけあうというのがわりと普通に行われてます。

前回で心得ていたつもりですが、今回はかなり直撃弾を受けました。

Img_1167

そういえば今回、ネットでも一時噂になった1350円のチキンバーガーセットを注文してみました。

確かに1350円でこの量といわれるとちょっと高いですが、テーマパーク系ならこんなものでしょう。

ちなみにここのポテトはわりとうまいです。

Img_1136

夕方に”オブザベーションタワー”に乗ったので、その時撮った写真。

これはミニランド付近

Img_1137

「パイレーツショア」エリア付近。

なんだか、結構人がいます。

他も大体こんな感じ。長蛇の列も多い。

Img_1126

てことで、昼間はわりと”90分待ち”が多かった気がします。

大量人数をさばけるアトラクションでも45分待ち表示がデフォだったような。

連休中でももうちょっと少なかった気がします。この日は多かったんですかね?

Img_1170

帰り際には正門近くのお土産ショップに寄ったわけですが

Img_1171

長男、次男ともに”マイクラ”コーナーを物色。好きですねぇ。

Img_1397

が、結局買ったのはこれだけ。

右上のは「ナイト・キングダム」にある売店にて、1200円で3体分のパーツを選択してオリジナルのレゴフィギュアが作れるというところがあったので、そこで次男が作った作品。

本人は大喜び。まさにオリジナル商品ですし。

なお、ショップのレゴのマイクラシリーズでほしいものを見つけたものの、Ama○onで注文しちゃったというのは内緒です。

Img_1177

帰り際には駐車場~レゴランド間にある広場で行われた噴水ショーを見てました。

ところで、このレゴランドに隣接した場所であるレストランが突如閉店を決めたという話が流れてましたが・・・

ぱっと見た限り、前回と変わらぬ店舗。

Img_1183

なんですが、現地で調べると、どうやら上の赤枠の場所がその店舗のあったところ。

なお、私も含めてほとんどの人の導線は赤矢印のとおり。

上の噴水の写真を見ると、確かに奥があるんですが、あそこに奥があるという認識が全く起こりませんでしたね。

お客が想定以上に少なかったのは、単にレイアウトの問題じゃないかと。

この導線上の店舗はかなり繁盛している様子でした。

相変わらずレゴランドのネガティブキャンペーンが繰り広げられているようですね。場所が”名古屋”だからでしょうか?

入場料値下げや水筒持込可になったなどの施策がとられてますが、かえってこれをネタにネガティブな話として盛り上げられている感があります。先のレストラン閉店もそうですね。

私は肯定も否定もなく、ただ事実だけを書くよう心がけてますが、今のところ特にネガティブに取り上げるべきところはないですね。

もちろん、レゴランド側に問題なしとは言いませんが、まだ開園して高々2か月程度のテーマパーク。改善するべきところが多いのは当たり前じゃないでしょうか?

今回、私が感じたことの一つに、園内のスタッフの対応がすごく親切だというのがありました。

場所を聞けば丁寧に回答してくれて、写真を撮っていたら撮影してくれたり、当たり前といえば当たり前のことですが、できて2か月程度のところにしては徹底している感がありました。

わりとこの辺りがダメだと感じたのが、実はラグー○蒲郡のラグ○シアだったんですが・・・あそこでちょっとひどい対応を受けたことがあるので、つい対照的に見てしまいますね。

そういえば、今回は”静電気”はまったく受けなかったですね。空気が乾燥していたんでしょう、前回は。

今回の内容は、こんなところでしょうか?

あまり平日らしさのない内容でした。

”平日”だと実感できたのは、レゴランドそばの市営駐車場の料金が平日料金だったことくらいでしょうか?前回は「1500円」でしたが、同じくらいの時間で今回は「1000円」でした。

さて、年間パスポートの元を取るためには最低あと一回行く必要あり。

少なくとももう一度くらい、レビューしてみる予定です。

レゴランド・ジャパン完全ガイドブック ウォーカームック

2017年5月29日 (月)

SONYのおもちゃ 6/1に発表!?

なんだかよくわからないおもちゃですが、とにかくSONYから”おもちゃ”が発表されます。

ソニーから新たなおもちゃが6月1日に発売 | UNLEASH

これだけでは単なる尺取虫ですが、まさかこれだけの機能ではないはず。

プログラミング可能な、多機能型ブロックおもちゃですかね?この白くて四角いパーツ以外にもいろいろあるんでしょうか?気になります。

6月1日といえばもうすぐなので、期待して待つことにいたしましょう。

ただ、ここ最近のSONYのこの手の斬新な製品は大コケすることが多いので、正直斜め上の方向に行かないかが心配ですが・・・大丈夫でしょうか?

ソニー・クリエィティブプロダクツ ラーニングカーブ きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ エドワード FC-78394

2017年5月11日 (木)

長すぎる楽天の商品ページをマリオカートに!?

逆転の発想というんでしょうか、うまく考えたものですね。

楽天で時々びっくりするほど長い商品ページがありますが、あれをマリオカートのコースに見立てたツイートが人気です。

ただ流しているだけ、といってしまえばそれまでですが、効果音があるとなんだか雰囲気ありますね。

似たようなものに応募するのに600mもスクロールが必要な恐るべきサイト”あごだしチャレンジ”というのがありましたけど、あれよりは楽天のページの方が変化があって楽しいかも。

マリオカート 電動カー(組立式)

2017年5月 5日 (金)

話題騒然!?のレゴランド・ジャパンへ行ってきました!

どういうわけかネット上ではネガティブキャンペーンが繰り広げられている、あのレゴランド・ジャパンへ行ってまいりました。

Dsc_1537

ぼったくりだの、人気がなくてすかすかだの、狭くて楽しくないなど、いろいろ言われているようですが、こういうことは”現地現物”で確認するのが私の信条でして。

Dsc_1516

車で行った方が早いので、この金城ふ頭駐車場を利用しました。

レゴランド専用ではなく、この周辺施設(レゴランド、ポートメッセ、リニア鉄道館など)共用の駐車場。名古屋市営で、収容台数5000台。

伊勢湾岸道路 名港中央IC下りて左によると、ここに直接いける道路につながります。

これまでもリニア鉄道館やポートメッセへ車で行ったことがありますが、駐車場のわかりにくさがネックでした。これが解消されたのはありがたいですよね。

ちなみにこの日支払った駐車場代は1500円(10~17時半くらい)でした。

まあ、さすがにゴールデンウィークですから

Dsc_1525

「誰だ!すかすかなんて言ったのは!!」

と叫びたいくらい人があふれてました。ちなみに目の前の列はチケット窓口へ続いてます。

Dsc_1526

なお、正門の前にはクレーンが3基ほど展開中。どうやらレゴランド ホテル作ってるみたいです。

Dsc_1539

さて、20分ほど並んでようやくチケット購入。やっと入れます・・・

Dsc_1541

私が入ったときは開園して30分ほど。それなりに人はいましたが、まだまだ少ない方で。

Dsc_1974

最初にこんなパンフをもらいました。

Dsc_1975

園内のマップ付き。これである程度の場所は把握できますが。

Img_0955

やはり情報量が少ないので、このKindle版の”レゴランド・ジャパン 完全ガイドブック”に頼ってました。

お店やアトラクションが写真入りで紹介されているので、パンフよりは役に立ちます。

今にして思えば、Kindle版より紙版の方が使いやすいですね。見たいところを出そうにも、電子書籍ではページめくりが大変。

Dsc_1543

まず向かったのは、この”オブザベーション タワー”。

Dsc_1547

50人ほど座れる座席をのせた部分が回転しながら

Dsc_1549

56mほどの高さまでゆっくり上昇するという展望台です。

Dsc_1551

さっそく、私も乗りました。

Legoland01

レゴランド中央付近は”ミニランド”といわれる領域。

レゴで作られたジオラマがたくさん並んでます。

Legoland03

ところで、レゴランドのそばには伊勢湾岸道が走っていて、これが結構な高架道路なため、レゴランドの没入感を損ねているという批判がありましたが。

実感としては、高速道路自体はわりと離れているので、意外と目の焦点の外にあって気になりませんでした。道路自体も細いですし。

Legoland06

むしろ邪魔に感じたのはこのポートメッセ名古屋のこのドーム

存在感が半端ないため、ランドの南側ではこれが意外とうっとおしく感じます。

もっとも、この建物は近々壊される予定。このドーム部分は移転されて、この跡地もレゴランドに変わります。

Legoland04

レゴランドの特徴というべきか、水系のアトラクション・オブジェが多いですね。

真ん中に映ってるのは、スクイッド・サーファーという、水上の乗り物に乗って水をかけあう乗り物。地上からも参戦可能。

他にも水が飛んでくる場所が何か所かあるためポンチョが売られているほど。一回300円で服を乾燥してくれるサービスもありました。

これからの季節はいいですが、冬はどうするんですかねぇ。

Legoland05

正門付近。

このボリュームを見ると、確かにTDRあたりと比べると狭い。東京ディズニーランドの4分の1程度の広さといわれてます。

まあ、狭いといっても、うちの家族が朝10時~17時くらいまでうろうろできるくらいの広さ。

歩数にして9000~1万歩は歩きました。その程度の広さということで。

Dsc_1594

という感じで空中散歩を終えて地上に降りると、そこはレゴランドのジオラマが広がる”ミニランド”。

Dsc_1601

砕氷船ふじがつくられているあたり、こだわりを感じます。

Dsc_1602

名古屋駅前にあるモード学園や

Dsc_1758

名古屋城

Dsc_1770

一見するとお台場にある”あれ”に見えますが、これは名古屋市科学館。下にあるオレンジと白のH-2ロケットが目印です。

Dsc_1687

他にも姫路城や

Dsc_1738

京都の東寺

Dsc_1742

平等院鳳凰堂。10円玉に描かれているあれですね。

Dsc_1721

レゴ製 新幹線も走ってます。

Dsc_1755

盆栽のようなものが埋め込まれた、なんだかよくわからない建物まで、いろいろです。

マイクラやっている人だと、ちょっと惹かれてしまうかも。うちの長男はそんな感じでした。

Dsc_1710

そういえば、札幌とされるこの辺りでは、スキー場になっている斜面があるんですが

Dsc_1714

裏側に回ると、雪山から普通の山の斜面に変わり始め

Dsc_1727

最終的に富士山になりました。

日本全国の名所を紹介するにはスペースが狭いため、こういう表現になっているようです。

Dsc_1608

音楽の合わせて水を噴出しているこの噴水。

不思議と、大人の私でも見入ってしまいました。

が、油断してるとこいつも水をかけてきます。

Dsc_1686

ところで、園内には時々こういうレゴで作られたモニュメントが設置されてます。まあ、レゴランドですから。

Dsc_1797

しかし、うちの子供らのように、こんな感じで遊んでしまう人も多いようで。

上ってはいけないところはそういう掲示がしてあるので、こんなことをしてもOKなようです。

そういえば、TDRだとセルカ棒は禁止でしたけど、このレゴランド内ではあちこちで使われていました。OKなのかな?

入り口付近の持ち物検査をくぐりぬけて持ち込めているくらいなので、OKなんでしょうね。

Dsc_1618

昼食は正門付近にある”チキンダイナー”でとりました。

どうやらここが園内最大の食事処のようです。

例の1350円のハンバーガーセットはここにあります。

Dsc_1623

まだ11時ちょっと過ぎくらいでしたが、既にこの列。

Dsc_1622

ですが、カウンターもそこそこあって、思ったより早くさばいてます。

Dsc_1620

列に並んでいるときにメニューをくれました。

ぼったくりといわれるハンバーガーセットにしようかとも思ったんですが、家族4人なら3990円の”ファミリーバスケット”の方がコスパがいいということで、こちらをチョイス。

Dsc_1626

で、これが3990円セット。ちょっとばらばらで申し訳ありません。

ケンタッキー・フライド・チキンでいうところの、オリジナルチキン8個、ポテトLサイズ、ドリンクMサイズが4つづつというところでしょうか。ケンタッキーでも3000円オーバーくらいのセットになりそうです。

なぜかセットには書かれていないミニトマト入りコールスローサラダが2つついてきました。もしかして、批判を受けてのサービスでしょうか?

チキンの味はケンタッキーほどとは言いませんが、まあまあの味です。

Dsc_1627

なお、レゴブロック型のポテトではなく、ごく普通のフライドポテト。あれはまた別の場所(”レゴ・シティ”エリア内の”マリーナ・スナック・シャック”というお店)で扱ってます。

そちらも手に取ってみたくて後で行ってみたんですが、あまりの人気ですごい列だったため、あきらめました。

Dsc_1624

なお、レゴランド内のトイレはこんな感じ。いちいちカラフルです。

ちなみに、どこかのランドのように鏡がないなんてことはありません。

Dsc_1649

食後は子供らの好きな場所へ行くことに。

園内はこんな感じのブロック(スポンジ製)があちこちにあります。

Dsc_1671

レゴランド内には”ブリックトピア”、”ファクトリー”、”パイレーツ・ショア”、”アドベンチャー”、”ミニランド”、”ナイト・キングダム”、”レゴ・シティー”の大きく7つのエリアがありますが、ミニランド、ファクトリー、ナイト・キングダムを除くエリアにはひとつづつ遊具があります。

上の写真は、アドベンチャーにある遊具。

中では、スポンジ玉を使って子供らが死闘を繰り広げてました。

Dsc_1898

レゴ・シティー内にある遊具はかなり大きい。この規模のものが3つほどあります。

Dsc_1899

ただし、この滑り台のように”調整中”とされている遊具もあり。

これ、多分急すぎて危なくねぇ?ってことで閉鎖されたんじゃないかと。まだまだ手探りなようです。

Dsc_1940

ブリックトピアにあるのはブロックでひたすら遊べる空間。

足の踏み場もないくらいのブロックで敷き詰められたところや

Dsc_1931

こんな感じの街が作れるところもあります。

ここに五重塔やビルが並んでますが、これはぶっ壊しても構わないようです。みんなもったいないのか、ほとんど壊されていませんが。

Dsc_1927

他にもこんなでかいビルが展示されてました。さすがにこれは壊されないようになってましたが。

Dsc_1662

さて、遊具ばかりではなく、乗り物もいろいろあります。

このサブマリン・アドベンチャーは、このレゴランドでも売りの一つ。

Legoland07

魚とレゴのオブジェが入った水槽内を巡る乗り物。時々サメが泳いできます。

ゆっくり動くアトラクションなので、2歳以下でもOK。

レゴランドはゆるいアトラクションが多いという印象ですね。

Dsc_1880

なお、最も激しいアトラクションはこの”ザ・ドラゴン”というジェットコースター。

実際に乗った妻と長男の話だとこれでも結構な迫力だったようですが、高低差はこの程度なので、近くのナガシマにあるスチールドラゴンほどではありませんね。

乗り物に関しては物足りないというのは本当のようです。

ただ、TDRにありがちな暗くて恐怖心をあおるようなものが少ないため、怖がりな子供には優しい施設といえるかもしれません。

ちなみに、ザ・ドラゴンを抑え気味にした”ドラゴン・アプレンティス”というジェットコースターもあり。こちらは身長90センチから行けます。

Dsc_1814

ちなみに人口密度が最も高かったのはこのザ・ドラゴンのあるナイト・キングダム エリアでしたね。この門をくぐるのは結構大変。

Dsc_1910

一方、もっとも人口密度の少ないアトラクションは、レゴ・シティにある”ドライビング・スクール”。

ここは一人乗りの時速6kmで走るミニカーでコース内を巡るアトラクション。

すぐ横の遊具は大盛況なのに、ここはお客が一人もいません。スタッフ数名が手持無沙汰に立ってました。

まあ、私もそうでしたが、さすがに一人乗りの車に子供一人乗せるのはちょっと不安。

おまけに、一人で歩く速さでのろのろと広いコースを走っても面白くありません。

すぐ近くに”ザ・ワーフ”というボートで水路内を巡るアトラクションがあるんですが、こちらは二人乗り。そっちは大盛況だったことを考えると、やはり二人乗りにするべきだったのでは?

なお、刈谷にあるハイウェイオアシスにゴーカートがありますが、あちらも二人乗りで大盛況です。スピードもまあまあ出るし、やっぱり大人との二人乗りにするべきでは?

Dsc_1885

さて、園内にはちらほら自販機があるようです。

私が見つけたのはレゴ・シティにあるこの自販機のみ。

噂通り、500mlペットボトルは220円、350mlのは180円でした。

ぼったくりなどとさんざん言われてますが、TDRあたりでは別にこのレベルの価格だったように思いますし、こんなもんじゃないでしょうかね。

むしろ種類が少ない方が気になります。まあこれは売店への配慮もあるんでしょうかね。

Dsc_1950

ただ、売店ってどこも結構混んでるんですよね。

わりと空いていたのはこの正門付近にあるアイスファクトリーというお店。

Dsc_1956

バニラを買いました。派手さはないですが、まあまあおいしいです。

もっとも、暑い季節になるとここも大盛況になるんでしょうね、きっと。

この日は気温20度ほど、やや曇り気味なので、夕方は肌寒くなってきました。

Dsc_1951

とまあ、園内巡って16時過ぎにはこの正門横にある”ザ・ビッグ・ショップ”へ。

Img_0957

”アジア最大級のレゴショップ”という触れ込みのこのショップ。確かにレゴが多い。

日本で手に入るレゴはここで全部手に入るんじゃないかと。

ただその分、ほかのエリアにある売店で売られているぬいぐるみやグッズ類は少な目。

もうちょっと、いろいろなものが売ってるといいんですが・・・そういうのは各エリアのショップで、ということでしょうか。

Img_0962

なお、ここではこういうのを買ってきました。

マイクラにはまってる長男はレゴ版マイクラを購入。

筒状のカラフルなやつは”チョコレートクランチ”。レゴランドのシンボルともいえるオブザベーションタワーの形をしたお菓子です。1000円。

なぜかこれが妙に人気で、みんなこれを買ってました。7~8本ほど買う人も多数。ご近所や職場などへのお土産でしょうね。

おかげで補充されてもすぐに売り切れ、また補充・・・というのを何度も繰り返してました。

Dsc_1867

ところで、園内にはところどころこういう看板が。

レゴランドの1DAYパスは大人6900円、子供5300円と規模のわりに高額。

ですが、年間パスポートは大人17300円、子供13300円と、この手のテーマパークにしては比較的低額。

しかも、1DAYパスを持っていれば、園内のゲストサービスで差額で年間パスに変えてくれます。お値段はごらんのとおり、1DAYパス分の価格をさっぴいたお値段。

年に3回以上くるなら、間違いなく年間パスの方がお得。

実は、うちも年間パスポートに変えました。

近所だし、子供らは大喜びだし、どう考えても3回はくるだろうということで。

年間パスに変える人は多いようで、夕方辺りには結構混むとのことです。私は昼間のうちに変えておきました。

Dsc_1981

5時前には外に出ました。

レゴランドと駐車場の間にはこんな感じのお店が並んでます。

この一角で夕食とって帰宅。

とまあ、こんな感じでレゴランドを堪能してまいりました。

私の主観ですが、以下のように感じます。

・レゴランドの広さは確かに狭いが、一日過ごせるくらいのボリュームはある

  人によっては物足りないかもしれませんけど、まあこんなものじゃないかと

・子供の遊び場・遊具が多め

  並ばないといけないアトラクションより、子供らはこういうのが喜ぶかも

・食事や入場料、商品などはぼったくりといえるほどの内容ではない

  昼食はケンタッキー並みの値段でとれました

・アトラクションは確かに迫力不足

  その代わり小さい子供でも遊べるのんびり系が多めな感じ

・伊勢湾岸道が雰囲気を壊している、というほどでもない

  ポートメッセのドームはさっさと壊してほしいと感じましたが

・外国人が多い

  中国系の人だけでなく、なぜか欧米人が多いですね。日本在住の方でしょうか?

・妙に静電気にやられる

5~6回ほどやられました。子供に触るとバチッ!ごみを捨てるとバチッ!って感じ。私だけでなく、周囲にもそういう人がいましたね。単に乾燥しがちな季節柄起こってる現象なのか、そこに周囲の材質(プラスチック系)も関連しているのか・・・

総じていうなら、幼稚園児から小学生くらいの子供がいる家族なら間違いなく楽しめそうです。

一方で、大人だけだとちょっとどうでしょうかねぇ・・・といいつつも、カップルは多かったですね。それなりに楽しんでいる様子でした。

中学生以上のお子さんだとちょっと微妙かも。レゴ好きなら間違いなくお勧めなんですが、物足りないと感じるかもしれません。

ただ、ミニランドのエリアにあるレゴの各地の名所オブジェはなかなか圧巻。マイクラで遊ぶ子供なら参考になるかも。

より年齢層を上げて、ご老人だとどうでしょう?私は、案外楽しめそうな感じがします。

平日なら空いているようですし、アトラクションものんびり系が多いですし、GWや夏休みのような混雑期を除けば楽しめるんじゃないかと。

人は選びそうな施設ですが、別にネガティブな印象は全然なかったですね。あのネガティブキャンペーンはいったい何なのでしょう?って感じ。

似たようなことは2005年の”愛知万博”の時もありました。

最初は妙にネガティブな情報が飛び交ってましたが、いざ行ってみるとなかなか楽しい。それが口コミで広がって、最後は入場制限がかかるほどの大盛況。

愛知県、とくに名古屋近辺の施設って、そういう宿命なんでしょうかね。

最近私はマスゴミ嫌いで、情報源はネットがほとんどですが、もちろんネットにも間違った or 偏った情報というものが存在するのが現実。

テレビにせよネットにせよ、いかに正しい情報・認識をつかむための”検証力”をつけるかが、今の時代には必要ですよね。

レゴランド・ジャパン完全ガイドブック ウォーカームック

2017年4月27日 (木)

今度は”スーパーファミコン ミニ”登場か!?すでに開発開始済み??

任天堂は肯定も否定もせず、ノーコメントだったらしいですが。

「ミニスーパーファミコン」は既に開発中との噂 ー 年内に発売か | 気になる、記になる…

任天堂はすでにミニスーパーファミコンを開発し始めているとの話が出ています。

今年のクリスマスまでには発売されるとか。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」があれだけ売れましたし、スーファミだって出てもおかしくはないですよね。

そういえば最近「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の生産が休止されたと報道されたばかり。

このミニ スーパーファミコンを作るために止めたとすれば、合点がいきます。

ところで、同梱されるソフトはいったい何でしょうかね?

シムシティ、F-ZEROあたりが同梱されたら私も欲しいですね。というかこの二つ、任天堂自身が売っていたソフトなため、同梱される可能性が非常に高いですよね。期待です。

スーパーファミコン 本体 互換機 ファミコン スーパープレイコンピューター SFC互換 ゲーム機 KK-00253

2017年4月 8日 (土)

「天空の城 ラピュタ」のロボット兵がフル可動モデルで登場

なかなかラピュタも人気が衰えませんねぇ。私が中学3年の頃に作られたアニメですが、未だに愛されてますね。

ラピュタのシーンを完全再現できるロボット兵のフル可動モデル登場 - 週刊アスキー

もう30年以上前のアニメながら未だにこういうものが作られるというのも、それだけ愛されているアニメだということの表れでしょうか。

ラピュタに出てくるあのロボット兵のフル可動版の予約を受け付け中だそうです。10月に発送予定で、お値段7,560円。

以下のサイトで予約可能です。

想造ガレリア ロボット兵(Full Action Ver.) | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト

上の画像を見ればわかる通り、かなり自由なポーズを作ることができるみたいです。

この画像は、気絶したシータを抱えてビーム兵器を撃ちまくっているシーンの再現ですね。

稼働箇所は57か所以上。

映画では敵になり、味方になり、世話役になったりといろいろと忙しい立ち位置のロボットでしたけど、ほかのアニメにはない独特の姿が印象的でした。

このロボット、人によっては「ルパン三世」に出てくる「ラムダ」をイメージする人もいるかもしれませんね。こっちは1980年に放送されており、どちらかというとラムダの方がオリジナル。

ちなみにこのラムダを操る人がまたナウシカに微妙にそっくり(声優さんは同じ島本須美さん)で、このラムダの登場するルパン三世の話では宮崎駿監督が脚本、演出、絵コンテを担当していたそうで。

ラピュタのロボット兵はラムダという名でルパン三世にも登場していた? | 日本映画topic

このロボット兵、ちょっと欲しいですが、子供に見つかるとぶっ壊されるまで遊ばれそう。隠す場所もあまりないので、私はとりあえずいいかな。

ラピュタが放送されるたびに”バルス”ツイートが欠かせないという方なら、ぜひ一つそばにおいておきたいグッズですね。

(天空の城ラピュタ)光る飛行石光のちから 音声認識バルスモード搭載

より以前の記事一覧

当ブログ内検索

  • カスタム検索

スポンサード リンク

ブログ村

無料ブログはココログ